留学生は日本語学校で学びます

短期留学・交換留学

短期留学・交換留学は比較的手軽な留学制度です。

短期留学とは大学間交流協定に基づいて、母国の大学に在籍しつつ他国の大学で 異文化体験、語学の習得などを目的とした1学年以内の複数学期間教育を受けることです。 この留学では必ずしも学位取得を目的とはしていません。 交換留学とは大学間協定を結んだ大学が、相互に留学生を派遣し受け入れる 留学のことです。 留学先の大学で取得した単位は在籍中の大学の単位に換算され、 取得した単位数によって在籍する大学の履修年限での卒業が可能です。 学費は在籍中の大学に払うことになるので、もともと在籍して学んでいた大学に払うことになります。 ただし大学によっては留学中の学費、単位の取扱いの方法が異なる場合もあります。 大学間交流協定が結ばれていても、全ての単位が互換の対象になるとは限りませんので不明な点があれば確認しましょう。 日本の大学は海外の大学との間に大学間交流協定を結んでいる所が多く、 日本の大学へ交換留学を希望するならば、在籍している大学が大学間交流協定を結んでいる日本の大学の中から留学先となる大学を選ぶことになります。 希望先が見つかったら在籍する大学に留学を申請し、学内の選考を通過したら希望する大学に留学の申請をします。 希望大学から留学の了解を得られれば留学が可能になります。 滞在期間はそれほど長期間にはならないので、ある程度日本語を理解しており、 改めて日本語学校へ通う必要のないレベルであるのが望ましいでしょう。