留学生は日本語学校で学びます

国費外国人留学生

国費外国人留学生は1954年に創設された留学生制度です。

今日までに約160ヶ国、85,000人以上の方が日本へ留学されていますが、 そのうちの約15%が国費外国人留学生として日本で勉強しています。 国費外国人留学生プログラムには、研究留学生、教員研修留学生、学部留学生、 日本語・日本文化研修留学生、高等専門学校留学生、専修学校留学生、 YLP留学生の7種類があり、留学を希望者する人は大使館推薦、大学推薦、 国内採用のいずれかの方法で応募することになります。 大使館推薦では、海外にある日本国大使館での募集に応募することになります。 大学推薦では大学間交流協定等に基づき、海外との交換留学生として受け入れます。 これは日本の受入れ大学より文部科学省に推薦する方法で、 対象者は研究留学生及び日本語・日本文化研修留学生です。 大学推薦の推薦時期は4月中旬までに各大学から文部科学省に推薦することに なっています。 大学推薦による国費外国人留学生の渡日時期は、研究留学生は原則として10月渡日 としています。 日本語・日本文化研修留学生においても大学におけるプログラムに応じて、 原則として10月渡日としています。 国内採用とは日本国内の大学に在学する私費留学生を、在籍大学からの推薦により 国費外国人留学生として採用することです。 対象者は私費留学生として日本の大学院に在籍する者、進学予定の者などで、 短期大学を除く各国公私立大学で募集が行われます。 大学側は学業成績・人物ともに優秀な留学生を12月中旬までに、 文部科学省に対して推薦を行うことになっています。