留学生は日本語学校で学びます

留学生はまず日本語学校へ

日本へ留学する外国人の方は、日本語学校で最初にこの国の言葉を学びます。

日本留学で渡日したらまず日本語学校に入学し、1年間は日本語を学習してから 大学を受験するケースが多いのです。 ですので日本留学希望者にとって良い日本語学校に入学できるかどうかは、 その後のことを考えるととても重要です。 留学の形もいくつかあり、自分で費用を全て負担する私費留学生、 留学先となる日本が招く形で留学される国費外国人留学生、 祖国から派遣される形で留学される外国政府派遣留学生などがあります。 外国政府派遣留学生は国が自国の発展のために行います。 諸外国の中には国民の人材養成を推進するために、 政府の負担によって留学生を各国へ派遣することがあります。 その中には日本政府に対しても、留学生の受入協力を要請する国があります。 この留学生は日本政府が国費留学生として招いているわけではないため 私費留学生にも近いのですが、日本政府は各国の要請に応じてこれらの留学生に 必要な協力を行っています。 日本政府は現在マレーシア、インドネシアの人材育成を支援するために、 これらの国の国費留学事業の資金として円借款を供与するなどの協力を行っています。 他にもタイやシンガポールなどから派遣される留学生についても、 外国政府派遣留学生として日本語学校の紹介など日本語の予備教育や、 大学の受入斡旋などの必要な協力を行っています。 他にも渡日前の留学生への予備教育のため、教員派遣などの協力を行うこともあります。